img_01

ダンス教室のこんな活用法

ダンスにはさまざまなものがあります。
その中で、社交ダンスというものは、歴史もあり、現在もさまざまなところで使われるようになっています。
この社交ダンスは、標準のモダンダンスと、ラテンアメリカンダンスに分けられます。
さらに競技用のものとパーティー用のものがあります。
競技用のモダンダンスには、ワルツ、タンゴ、スローフォックストロット、クイックステップ、ウィンナーワルツが、競技用のラテンアメリカンには、チャチャチャ、サンバ、ルンバ、パソドブレ、ジャイブなどがそれぞれあります。
他方、パーティー用のモダンにはブルースが、同じくパーティー用のラテンアメリカンにはジルバ、マンボ、サルサなどがあります。
ダンス教室を積極的に利用する人に、オススメのダンス教室情報を伺いました。
それぞれのダンスには拍子や速さおよび振り付けが異なっています。
モダンとラテンアメリカンの違いは、モダンの方は、気品があり、かつ、フォーマルな雰囲気をもっていて、上流階級の社交場で使われるイメージがあります。
起源はヨーロッパや北米です。
ただし、タンゴはアルゼンチンが起源です。
服装としては、男性が燕尾服で、女性がロングドレスとなります。
スタイルは、男女が両腕を組んで一体となって踊るスタイルを持っています。
他方、ラテンの方は、自由奔放で、明るい雰囲気をもち、だれでもが楽しめるというイメージがあります。
起源は南米です。
服装としては特に決まりはありません。
ただし、女性は肌を大胆に露出するようなものが多いという特徴があります。
スタイルとしては、男女が手を離して踊る場合もあります。
モダンダンスは、貴族などの身分の高い男女がヨーロッパ宮廷で踊っていたものが源流となっているために、優美、気品、品性など貴族階級を代表するような性格をもっています。
他方、ラテンダンスの方は、20世紀に入ってからヨーロッパに持ち込まれ、それからかなり遅れて日本に入ってきました。
気品と情熱という対照的な性格をもつ両者ですが、ともに習得すると、スタイルの修正、姿勢の正しさ、品位のある歩き方など、さまざまな効用があります。