Skip to content

貸切バスラッピングで宣伝効果大

ラッピングバスは、移動する広告です。

バスの車体スペースを利用して広告シートを施し街中を走り回ります。そのため、人を運搬するという目的だけでなく、街を歩く人たちに広告を見てもらうことができ宣伝効果も期待できます。大きな車体に施された広告はインパクトが強く、興味を持つ通行人も多いでしょう。ラッピングバスには、路線バスラッピングと貸切バスのラッピングがあります。

路線バスに関しては、運航路線によって広告料が決まっていて自由に好きな場所を走れません。掲載期間も1ヵ月~1年と決まっています。地域住民をターゲットにした地域密着型の広告・宣伝が可能です。貸切バスは運行ルートを自由に決めることができ、好きな場所に走らせることができます。音を出すことも可能なので、イベントなどのプロモーションに向いていると言えるでしょう。

さらに、バスの車両全体にフルラッピングが可能になるため、宣伝効果を高められます。新しい素材としてワンウェイビジョン・グラフィックスが注目を集めています。外からは絵柄が見え、中からは外の景色が見られるようになっています。窓ガラスにも広告を施すことができ、車内にいる人が外の景色を見られないということがありません。キャンペーンの内容によっては、外から車内の様子を見られたくないというシチュエーションもあります。貸切バス・ワンウェイビジョン・グラフィックスを活用することにより、宣伝の用途がぐっと広がります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *