Skip to content

路線バスラッピングについて

現在の日本では様々な広告方法が存在し、車体の側面部分に広告情報を貼付したものを路線バスラッピングと呼んでいます。

この路線バスラッピングは数多くの会社や企業、団体が利用しており、様々なメリットが存在するのです。その一つがいま現在その会社や団体がおこなっているイベントを、街に住む多くの人々に一目で分かりやすく知ってもらえることです。他にも環境貢献活動をしていることを示すEVIマークを車体側面にデザインすることで、地球環境に配慮した商品やサービスを提供していることをアピールできます。

路線バスラッピングの広告対象地域は一部を除いて、ほとんど日本全国に広まっているのです。利用する際の費用としてはバス使用日に年間100万円から400万円、ラッピングフィルム制作費に100万円から120万円、デザイン制作費に20万円から100万円、その他に10万円から20万円であり合計すると300万円から600万円ほどとなります。

路線バスラッピングの完成までの流れとしては、まずそれぞれのバス会社における主要取扱広告代理店まで申し込みをおこないます。その後、デザイン制作会社に希望の広告の制作を依頼して、出来上がったデザインを貼付して実際に公道での走行を開始します。インターネット上にはこれらのサービスを提供している会社のサイトが開設されており、そのサイトもしくは電話から依頼や発注、各種の問い合わせをおこなうことができるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *