Skip to content

各地の路線バスにラッピングが施されて

最近路線バスに広告をラッピングしている車両を街でよく見かけます。

地元に密着したものが多いので路線バスのラッピングをつい見てしまいます。公営・民営を問わず経営が苦しい事業者が多いために新たな収益源で広告は重要です。なかでも車体に大きくラッピングされた路線バスは交通広告で全国に取り上げられるようになりました。

ラッピングのやり方とでは、移動する広告というイメージで多くの方に目につくような目立つものにするのが基本です。セールスプロモーションとして町を定期的に運行する路線バスは最適です。一般には交通広告のルールに従っていつでも取りはずしが可能なシールを路線バスの本体に貼り付ける方法がとられるケースが多いです。路線バスは、多くのお客様が移動する手段として使うものです。

複数の色を使い分けあたりデザインの違うボディを利用して路線によって異なるイメージにしてお客様が路線を間違えないようにするのも一つの工夫です。採用する当たっては、地元の人に反発を招かないようにマーケティングリサーチをすることも必要です。東京都営バスを皮切りに全国で広まっています。東京では、すでに町に調和して違和感は少しもありません。

各地で観光の目玉で取り入れようという動きもあります。景観にマッチしないという声もありますから図柄やデザインには気を付けるべきです。企画にあたっては各地で手掛けているイベント企画やラッピングの専門会社に依頼してデザインを決めるのが導入にあたってのポイントになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *