Skip to content

路線バスのラッピングのメリットと宣伝効果

路線バスは毎日同じ区間を何度も往復するバス、通勤や通学、買い物などで利用される人も多いのではないでしょうか。

バスの車体にはラッピングが施されているケースもあり、ラッピングしてある路線バスが目の前を通ると広告を見てしまう人も多いことでしょう。人目に触れることが多い点、毎日同じ区間を走るなどからも路線バスのラッピングは宣伝効果が高いと言われています。特殊なフィルムに印刷してシート状にする、それを車体に貼り付けるだけで対候性にすぐれた広告を記すことが出来ます。

同じ区間を走ると言っても、路線バスには様々な区間があるので、すべての車両に同じような広告を記せば広範囲にいる人々に対し広告を見せることが出来るようになります。これは動く広告とも言える宣伝手法で、注目が集まっています。さらに、ラッピングは塗料を使って直接バスの車体部分に記すものではありません。

印刷を終えたフィルムを貼り付ければ終わり、それを剥がせば次のものを貼り付けることが出来るなどの簡易性も備わっているのが特徴です。2週間毎に新しいものに入れ替えを行いたい場合でも、簡単に貼り付けられますし、交換時の手間も省けるメリットもあるわけです。

路線バスのラッピングは、広告を募集するバス会社と広告を掲載したい企業の両者の契約により実現するサービスです。バス会社にとって車両の側面や前後への設置は広告料の利益が得られる、バスに記せば人目に触れることが多いなどからも注目が集まる宣伝手法になっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *