Skip to content

ボートをラッピングしてオリジナリティを出す

マリンレジャーや釣りの相棒として、自分のボートを所有している人も多いのではないでしょうか。

そして、購入した当時のデザインのまま使い続けているというパターンが一般的なように見受けられます。しかし、ボートも車と同じように、自分だけのデザインを用いて個性を演出することが可能なのです。海外に行くと、釣りの大会やマリンスポーツを楽しむ人のボートに、思い思いのデザインが施されている場合があります。

塗装によって絵柄や文字を描くこともありますが、より一般レベルでメジャーなのが、ラッピングという方法です。プレゼントを包装紙で包むラッピングと同意語で、あらかじめ絵柄がついたシートを貼り付けることで完成します。ラッピングは塗装よりもコストが少なくすむ一方、水面からの大きな力を受ける関係で、中途半端に行ってしまうとすぐに剥がれたり、目立つ傷がついたりします。

ラッピングはやろうと思えば個人でも可能ですが、できるだけ長持ちさせたい・きれいに定着させたいと思うのであれば、技術力のある専門業者に頼むほうが、その後のことを考えるとかえって安上がりになるかもしれません。ボートをラッピングして個性を出せば、それだけ愛着がわきますし、周囲へのアピール力も抜群です。港で多くの無機質なデザインのボートに埋もれても、自分のものはすぐに見つけられるようになるでしょう。メンテナンスをかねて、デザインを定期的に変えていくのも楽しいイベントになりそうです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *