Skip to content

ボートにもラッピングは出来る

ラッピングという単語を聞くと、企業が宣伝活動を行うために、バスやトラックなどの大型の自動車に施すものだというイメージを持つ人が多いかも知れません。

確かに、ラッピングはそのような使い方をするのに適した技術ではあるのですが、個人が趣味のためにそれを依頼する人もいます。そのような依頼の例として挙げられるのが、バスフィッシングなどで使用するボートへのラッピングです。バスやトラックなどの自動車であれば、フィルムを貼る部分が平面である場合が多いですし、また風雨にさらされることはあるにしても、常に水で濡れているというわけではありません。

しかし、ボートは全体的に丸みを帯びた形状をしている上に、常に水に濡れる状態にあります。そのため、ボートはラッピングを施すのに適していないのではないかと思われるかも知れません。確かに、ボートの場合には自動車と比べるとより高い技術が要求されるものの、専門業者であれば問題なく作業を進めることが出来るので、安心して仕事を依頼して良いと言えるでしょう。

ボートにラッピングを施す目的としては、自分好みのデザインを入れることで満足感が得られるという点が大きいのですが、実はそれ以外に実用的なメリットもあります。衝突などによって本体に傷が付いたり、紫外線を浴びることによって本体の劣化が進んだりといったトラブルを軽減することが可能だという点は、持ち主にとっては大変ありがたいメリットとなるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *