Skip to content

PR向けイベント車のラッピング

イベント会場で企業アピールやイベントアピールでもし、会場に車両が展示される様でしたらこの車両にド派手なラッピングによるイベント車両に作り替えては如何でしょうか?ラッピングの何よりのメリットはイベント期間中だけの事ですから塗装の様に一旦施した画像や絵をラッピングシートを剥離するだけで元の車両に戻せると言うのが最大のメリットである事とその費用です。

特にイベント車の様なド派手なデザインを塗装で仕上げるには専門職の技術が非常に重要になりますがラッピングシートであれば専用プリンターにてまるで家庭用プリンターで印刷するように写真や画像をデザインに盛り込んだラッピングシートが完成です。

ただイベント車の場合、ド派手に目立つ為には車両全体に施工する必要性があり車両をボンネットを含む前面、左右の前輪フェンダー、両側ドア部、天井部、リアのトランクから後方と後方の両サイトと各部に合わせた分割を行います。

そして車両への貼り付け工程ですが比較的フラットなボンネットや天井部と両側のドア部は比較的簡単に施工可能ですが両側フェンダー部やリアの両サイド等、湾曲したカーブを備えた部分への施工には技術を要します。

ドライヤーでシートを加熱しならが引っ張り湾曲に合わせて密着させて行く方法です。

流石にプロに依頼するのが費用は掛かりますが確実な方法ですが時間と根気さえあれば個人でも施工可能です。

年に多くても数回しかないイベントですから企業であれば必要経費としてド派手な車両を完成させた方が費用対効果は大きいのでは無いでしょうか。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *