Skip to content

イベント車両へのラッピングで宣伝効果倍増

イベント車両を街中で見かけることが多いと感じている人も多いのではないでしょうか。

車のボディにラッピングを施し、走行しているイベント車両、ラッピング広告が目立つなどからも宣伝効果が高くなります。

この広告はペンキなどの塗料を使って直接ボディに描いているものではなく、特殊なフィルムに広告を印刷する、そのフィルムを車両のボディに貼り付けているものです。

仮に、ペンキなどの塗料を使ってボディを塗ってしまうと、広告を剥がすための溶剤が必要になりますし、車両本来の塗装も剥げてしまう恐れがある、きれいに落とせなければ車両にはうっすらと前回の広告が残ってしまうなど、決して良い方法ではありません。

イベント車両は自社所有のものもあれば、期間内だけで使うなどの目的からレンタカーを利用することも少なくありません。

イベント期間が過ぎれば、ボディに施している宣伝は不要になり、次のイベント用に準備を進めなければならないなど、定期的に宣伝内容が変更になるわけですから、レンタカーを利用しておけば経費の節減効果も期待が出来ます。

レンタカーはいわゆる借り物ですから、ペイントなどを施してボディを汚す訳には行きませんし、自社所有の車の場合もリース契約が満了になった後に買い上げて、中古車として売却する時など、前回の塗装がうっすらと残っていては査定評価も下がるなどデメリットが生じてしまいます。

その点、ラッピングはきれいに剥がすことが出来るメリットを持ちます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *