Skip to content

営業車両のラッピングは格好の宣伝媒体になります

ラッピングは、塗装する方法よりシールにして貼り付けることができます。

取り外しができることから営業車両に会社のロゴや商品を貼って営業する会社が増えています。走行することが広告につながるのですから効率的です。ラッピングが普及したのはアメリカで、ハイウェーをラッピングカーが走る姿が目立つということで始められました。車社会であるアメリカでは、意外に見ている人がいるという調査結果がでています。見ていないようで意識されている事がわかります。

営業車両は、得意先まわりに使われます。もちろん営業車両のラッピングがされているのが社名であったり会社のロゴであれば、運転者は自然に運転に注意するようになります。もちろん事故など起こすわけにはいきませんから安全運転をするようになります。

事故の発生率は確実に減ります。また営業で回る先は、得意先であり新規開拓先です。相手側の従業員に見てもらう効果もあります。新製品がラッピングされていれば自然に目を向けることになります。営業車両のボディは、格好の宣伝媒体になり積極的に利用すべきです。走るだけで不特定多数の人が見てくれるところに特徴があります。

移動しながら人々とのコミュニケーションがとれ、街中の隅々まで「企業のメッセージ」を運ぶ広告塔の役割を果たしてくれます。耐候性に優れた素材が使われていますから色あせして見栄えがわるくなることもありません。前から後ろから見られるインパクトの強い宣伝が可能になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *