Skip to content

タイムリーな宣伝を行える営業車両のラッピング

営業車両の多くはホワイト系の車両を使っている会社が多く、社名などを記載していることがありますが、近年では比較的シンプルなボディのものが多用されています。

古い時代では塗装を施して、会社のイメージカラーの車両を使っていた時代的背景がありますが、流行というものが見られるようになりました。営業車両の場合、何も車両に施していない場合では非常に勿体無いものと考えることができます。

今ではラッピングを利用して上手く宣伝を行っている企業も増えていて、このような方法であれば自社の宣伝を常にタイムリーに行うことを可能にしています。例えばメーカー系の企業の場合では、営業車両に自社製品の写真や名称をラッピングするという方法もあります。勿論ですが、会社名を入れることもでき、複雑なロゴであっても見事に再現することができます。

カッティングシートなどがホームセンターで販売されているのですが、このようなアイテムを使って自作品でラッピングする方法もありますが、高品質で綺麗で自由な発色を表現するには、やはりプロの施工店に任せることが最も良い方法です。

営業車両のラッピングを得意分野にしている専門店があるので、相談した上でデザインをパソコンのグラフィックソフトで作ってもらうことができ、高耐久のシートに印刷してもらえます。この技術であれば常に新商品の宣伝用として活用することができ、随時張り替えを行うことも可能なので、以前の塗装を施す方法よりもお手軽に使える宣伝方法です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *