Skip to content

営業車両にラッピングをする

お店や会社において営業は欠かせないものです。

製品を配達したり、物を仕入れたりということもありますが、商品やサービスの売り込みとして営業に行くこともありますし、請け負う仕事を探すために外回りすることもあるでしょう。そういった際には営業車両で回ったり、電車や足で回ることもあると思います。

さて、近年は鉄道車両や航空機、船、それにバスなどにラッピングをすることがあります。ラッピングとは包むことですが、塩化ビニール製の薄いフィルムに企業広告などを印刷し、それを車体全体を包みこむように貼り付けるのです。鉄道車両の側面に大きな広告が施されているのを見た人もいるかもしれませんが、それのことです。

ある程度の期間が過ぎれば元の電車のデザインに戻ることもありますし、別の広告に変わることもあります。フィルムを貼り付けているだけなので、取替えが容易なのです。ところでこのラッピングを営業車両に施すのはどうでしょう。

自社製品の写真であるとかイメージキャラクターなど様々なものを貼り付けられます。営業車両は日々の営業活動で乗るものですし、走れば走る分だけ宣伝が出来ます。先ほど書いたようにすぐ剥がせるので、新製品が出たり、会社のロゴマークなどのデザインが変わったりしても容易に取替えられます。

もちろん費用がかかりますので、短期間に取替えなどは出来ないとは思います。一般的に広告を街中やチラシなどで出す場合、出すたびに費用がかかります。それも効果的ではありますが継続的に費用がかかったりもするでしょう。その点、営業車両にラッピング広告した場合は最初だけで済みます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *