Skip to content

営業車両をラッピングする効果

多くの企業では営業車両においては社名などを記載しただけのシンプルなものとすることが少なくありません。

これは自動車の塗装には多額の費用がかかってしまう上、長期間利用するために様々な条件の変化に対応するためシンプルなものとしていることが多いのです。商品名等を塗装した場合にはその商品の発売が終了した場合などこれを塗り直さなければならずその費用が大きな負担となってしまうことが多いためです。

しかし営業車は街中を走行することから効果的な広告宣伝効果を上げることができると考えられている部分もあり、その利用について苦慮している企業も少なくありません。最近では自動車の塗装方法としてラッピングが非常に注目されています。

大きな社会を持つバスやトラックなどはこのラッピングの方法を利用して広告宣伝を行い、高い利益を上げているのです。ラッピングの特性として印刷されたシートをボディーに貼り付けるだけのものであることから張り替えが簡単にできるため、広告の掲出期間が終了した時点で別のものに張り替えたり、これを剥がして一般の塗装のものとすることも可能な点が注目されています。

この手法は営業資料においても効果的な広告宣伝効果を生み出します。これまで塗装費用や乗り換えの費用が高額であることから商品の個別の広告宣伝等は営業車両に行えなかったのですが、ラッピングを利用することで1時的な広告を効果的に行うことが可能となるほか、営業車両自身もレンタカーなどを利用することができるため、車両費用に関する経費削減にも大きな貢献を果たしているのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *