Skip to content

配送車にラッピングをして自社をアピール

今の世の中様々な仕事があり、様々な業種があります。

インターネット上でサービスだけを提供する会社もあれば、物を販売するところや製造するところ、建築や土木といった会社もあるでしょう。その他にも書ききれない程色んなものがありますが、その中に物を運ぶ仕事をしているところもあります。例えば引越しや宅配便といったものだけでなく、お弁当や食材を配達するとか、何かを仕入れる時に車を利用しているところもあると思います。

そういった配送車を保有している会社は数多くありますが、その車体には社名を塗装したり、会社のマークなど、小さなシールで貼り付けていると思います。しかしそれだけではちょっと勿体無いかもしれません。というのはそういった配送車は積極的に宣伝に使えるためです。ラッピング広告というのをご存知でしょうか。

ラッピング広告というのはその名の通り広告で包むことです。例えば、いくつも保有している配送車の車体に大きなラッピング広告をすれば、どこでも宣伝出来る車になります。車体にはいくつものドアがあり、荷台にはいくつもの扉があるのでラッピングなど出来ないのでは、とイメージするかもしれませんが、ラッピング広告に使用される塩化ビニール製の大きなシールは切り貼りが容易になっています。

そのためドアや扉の形状に合わせられます。会社によっては日々街中を何台もの配送車が回ることもありますので、色んな場所で宣伝が出来ます。ただ会社名だけを書くのもいいですが、車体全体に施すとより目立つので多くの人にアピール出来ます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *