Skip to content

営業車の効果的なラッピング

よく街を店名やイラストの描かれたトラック・バスなどが走っているのを見たことはありますか?あれはいわゆる「ラッピング」という加工を車両に施したもので、主に営業車に多く見られるものです。

輸送などで街中を走っている時ついでだから宣伝もしてしまおう、という考えで行われています。確かに営業車のラッピングは街行く人々の目を引きますし、輸送のついでとしてやっているので効率的であり損失もあまり出ません。ラッピングの初期費用が用意できるのなら試してみたい宣伝方法です。

それではどうやって車を装飾していけばいいのでしょう。トラックは会社のものだし、業者に頼むとお金がかかるから自分たちでやってしまおうと思ったそこのあなた、その発想は危険です。

車はそもそも精密機械といっても過言ではないほど複雑なつくりをしており、下手にペンキやスプレーなどで塗装したりテープで装飾を貼り付けたりすると車両の損壊に繋がります。結果的に損益となってしまうのです。やはり多少お金がかかっても専門の業者に頼んだ方が安全で完成度も高く仕上がるでしょう。業者に頼むには多くの場合自分たちでデザインを用意することが必要です。とはいってもデザインの知識がない方も多いでしょうし、かといってデザイナーを頼めばまた費用がかさんでしまいます。そこで簡単なデザインの考え方を一つだけ説明します。

それは店名・社名を黒ともう一色だけを使い、特徴的な書体で人目に付きやすい部分に大きく入れることです。色をたくさん使うとごちゃごちゃしがちですので黒、そして会社のイメージカラーを使えばうまくまとまります。あくまでも営業車だということを念頭に置いてシンプルでわかりやすいものにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *