Skip to content

営業車両としてラッピングを導入するなら

営業車両は、得意先回りをする際に使われます。

日常外回りをしているので、ロゴマークを塗装している車は多いのが通常です。ラッピングを施した営業車が増えてきており、簡単にイメージアップがはかれることから動く広告塔としての役割を期待されているものです。人目をひく宣伝カーとして乗るとすると車の汚れは大敵になります。

汚れが目立てばイメージが悪くなるのは必定です。ラッピングを貼る位置にも注意しなければならず、車両ごとに貼る位置や色が違えば統一感がなくなります。同じ走っている営業車両だからこそ統一した爽やかなイメージはかかせません。ラッピング・メーキングは図面を事前に作成してすべて統一した形で仕上げることが重要です。営業車両だからこその宣伝効果は大切にする必要があります。

毎日、立ち寄る営業先にその車のファンがいるようでなければラッピングする意味がなくなります。運転者にとって営業車が見られているという意識になりますから自ずと運転には慎重になるはずです。宣伝効果がある営業車両で事故を引き起こすわけにはいかないからです。社員の運転マナーの向上は間違いなく図ることができます。また一地域だけ導入したのでは宣伝効果も限られてくることになってしまいます。できれば全国に展開しているなら全社統一で同じイメージで活用することが望ましいです。また車輛イメージを変更する場合もラッピングであれば塗装と違って簡単にイメージチェンジが図れます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *