Skip to content

営業車両の広告はラッピングがお勧め

フィルムに写真や文字、イラストなどを印刷したものを営業車両などに貼り付けることが出来る施工法をラッピングと呼びます。

塗装の場合は、営業車両を1台ずつ同じような工程で広告などを掲載しなければなりませんが、ラッピングは印刷物を貼り付ける形になるのでフィルムを数枚印刷しておけば数台から数十台の営業車両に施工が出来る便利さを持ちます。

また、塗装の場合はロゴマークや文字などを掲載することが出来ても、写真画像などをボディーに掲載することは出来ませんので、限られたデザインのみになります。

ラッピングは印刷による施工となるので、写真画像も掲載が出来る魅力を持っているわけです。営業車両は、営業マンが得意先や新規顧客の下に出掛ける時に利用する会社の大切な車です。車がなければ営業に出掛けることも出来なくなりますので、施工時にかかる時間は極力短いほど助かります。ラッピングは規模にもよりますが、自動車1台で約2時間前後の施工時間になるので、当日の午前中に施工業者に預けておけば、その日の午後には車は手元に戻り、そのまま営業に出掛けることも可能です。

社名を記載する、現在売り出しに力を入れている製品名やサービス名を記載する、製品などの場合は、写真を利用して人々に伝えるなどが出来るのも営業車両の特徴、顧客の会社の駐車場に車を止めている時、街中を走行している時など、広告は人々からの注目を集めやすくするなど、ラッピング広告は将来的な売り上げ増にも大きな影響を与えてくれます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *