Skip to content

営業車両のラッピング効果

今までの営業車両は、単に社名や電話番号・商品のロゴなどを車に塗装やステッカーなどで貼り付けていましたが、近年では車体に専用のカーラッピングフィルムを貼り付けることで、複雑なデザインや写真などのグラフィックも容易になり、走る媒体として利用している営業車を多く見かけるようになってきました。

塗装の場合は、元にもどすのに再度元の色に塗りなおす必要が出てきたり、曲面へは難しい作業となっていましたが、カーラッピングの出現で、フィルムを剥がすだけで元どおりになることやフィルム自体が車体を保護する役目をしてくれますので、表面の状態は古い車でも綺麗に見える利点があります。

営業車両は、常に街中を走り回っていることが多いため移動手段ではなく人の目に触れることも多くラッピングにより最初の費用だけで、それ以降費用がかからない広告としての役割を充分果たすものだと思います。又、新規の取引先獲得のPRや既存の取引先にも綺麗にラッピングされた営業車は目を惹くので覚えてもらいやすいし、担当者との面談時の話題にもなりやすく、認知度UPにも貢献します。それだけでなく、運転する側もラッピングにより人に見られているという意識が高まり運転モラルの向上で交通事故防止や会社の一員としての意識向上などにも役立つのではないかと考えられます。

営業車両だけでなく個人の車でも施工をして楽しんでいる人もいますが、日本では見かけられるようになってきてからは数年ですので今後も会社や製品のPRとして更に需要が伸びていくものだと言えます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *