Skip to content

ラッピングした営業車両による広告の意義を再評価

インターネット全盛の現代にあって広告においてもWEB媒体の市場が急成長を続けており、主要な広告手段の一翼を担に至っています。

大小の規模の違いを問わず、各企業でもネット空間を主要な宣伝の場と考えているのはもはや珍しいことでもなんでもなく、一般的なトレンドになっているのです。確かに費用対効果も高く、柔軟に更新や手直しを行うことができるメリットを持っています。一方でWEB広告の急速な台頭はユーザーの慣れを招いているのも事実です。

そこでラッピングした営業車両などの従来型の宣伝媒体の可能性について検討してみましょう。インターネット上の広告では情報の緻密さや一覧性などにすぐれていますが、必要な情報のピックアップの場に化している側面が否めません。

プロの手になる整理されたWEBサイトなどでは実践をするのが難しいのはリアルなコミュニケーションを提供することです、例えば営業車両のラッピングされた商品のデザインや写真を見て、街行く人々に「あれ、おしいしそう」「あんなのあったんだ」等と言ったエモーションに訴え新発見したかのような、感情を喚起させることに繋がります。

それを目にした人々が家族や友人との間で話題に上ることで、規模こそWEBには及ばないにせよ大きなインパクトを多くの人々の心に刻み付けることができます。

普段から使用している営業車両に一度ラッピングすることで、余計なランニングコストも必要とせず、継続的に道路上を走行するだけで多くの人々の印象に残る、行き来した宣伝広告を可能にする点に、新たな意義を再認識できるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *