Skip to content

営業車両のラッピングについて

車両のラッピングとは、アニメの画像を車にイラストする「痛車」などが目を引きますが、最近では営業車両を自社の商品やサービスなどの宣伝を貼ることで走る広告として利用する企業が増えています。

営業車両をラッピングすると営業活動中など車両に乗って街を走るだけでどこに行っても不特定多数の人に宣伝することができるうえ、更には走っているだけで非常に目を引くので不特定多数の人の記憶に残りやすい宣伝になります。そして、営業車両を塗装する方法とは異なりラッピングされた広告は簡単に剥がすことができるので、新たな商品やサービスができた時や、季節物の商品などを広告したい企業にとっては非常に利用しやすい広告ツールとなります。

なお、企業の車両はリース契約をしてリース会社から借りている場合が多いのですが、車両の返却時にも簡単にグラフィックを剥がすことができる点も利用しやすいと言えます。

また、車両塗装だと出来栄えはどうしても職人さんの腕にかかってきてしまい、車両毎に完成度のばらつきが出てしまいますが、ラッピングであればグラフィックをデジタルプリンターで出力した物を加工した上で車両に貼る為、写真など繊細なデザインでも忠実に美しく再現され、非常に効果的な広告が作れます。

納期についても塗装だと数週間かかることが多いですが、ラッピングであれば数日で対応できますので、短期間で広告を出したい流行り物を扱う企業には最適な広告手段です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *