Skip to content

営業車両のラッピングをする時のポイント

会社の営業車両をラッピングするなら、いくつか頭に入れておきたいことがあるのですが、中でも何を描くのかは大切です。

慣れていない人の場合、いろんな情報を詰め込み過ぎて歩いている人や他の車の運転手には何が描かれているのかがわからないといった事態になるのです。

そこで営業車両のラッピングをすると決めたのなら、できるだけ簡素なデザインにして一目で理解できるようなものにしましょう。それからこちらも初心者がやってしまいがちなのが、営業車両の天井にラッピングをしてしまうことです。決して駄目ではありませんが、車に乗っている人はもちろんのこと、歩いている人にも意外と見えないものです。

そのためできるだけ営業車両のボンネットやドアなどにラッピングしてもらうようにしておくのが無難です。また自社でラッピングを用意するのであれば、持ち込みに対応できる業者かどうかの確認もしておきましょう。中には業者が作ったものでないと施工しないというところもあります。

それ以外にも持ち込みなら別途料金が必要になることも珍しくありません。さらにせっかく用意したのにも関わらず、車には貼り付けることができないといったケースもあるので注意しておきたいものです。

そして完成までにどれくらいかかるのかも重要です。例えば店舗がオープンする前に街中を走らせたいのに、それに間に合わなければ意味がないです。なるべく早く完成させたい場合は、少し割高になることがあるので問い合わせておくと良いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *