Skip to content

営業車両にラッピングするメリット

営業車両にラッピングを施すことには、近時注目を集めている「クロスメディア」を活用することにつながり、これまでの広告媒体にはない広告効果を期待することができます。

クロスメディアとはWEBやSNSの活用などいくつかのスタイルがありますが、異なる経路での広告手段を同時に利用することで、密度の高い情報発信を行うことで高い販売促進効果などを目的に行う広告手法です。それぞれの広告媒体同士の相乗効果で集客力も高まり、結果的には購買層とのコミュニケーションにもつながり見込み客の企業や商品・サービスなどへの関心も喚起することになります。

具体的なメリットで言えば、ラッピングした営業車両を目にしてWEBなどでより積極的に情報収集に取り組んだユーザーは購買意欲も高く売上などへの収益を見込めるようになります。

しかも営業車両は移動しながらラッピングした意匠を街行く人々の肉眼に訴えかけると言った、他の媒体では実現が困難な方法で情報提供やユーザーの関心を高めることができるので、WEBなどの情報については平面的に整理されているように見えても、迫真性にかけるなどの弱点を補う効果を期待出来ます。

同じ方法を実現するには交通量の多い地区に大型電飾看板を利用する方法も想定されます。しかしそのような好条件の立地では掲載料も高額になる上に、場所的にもその場所の通行人だけにしか効果を見込めないので、機動性にかけるネックを抱えています。ラッピングした営業車両は場所的制約を受けないのもメリットの一つです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *