Skip to content

営業車両はラッピングと相性抜群

同業他社の出している商品やサービスではなく自社のものをユーザーに選択してもらうには、心の片隅にでも印象を残すことが大事です。

特定分野のよほどの熱狂的なファンやマニアでない限り、正確無比な情報にもとづいて厳密な品定めをするわけではないからです。市場に置いて競合者を見出すことができないオンリーワンのアイテムでもない限り、常に競争にさらされており、購買層の関心を喚起する必要があります。

広告宣伝はそのために利用される方法で、営業車両へのラッピングを施すことは中でも代表的な交通広告の代表例です。交通広告は不特定多数の人々の視線のもとに存在を投げかけることで、どこかで見たような印象を与えることを可能にします。この曖昧な点がポイントで、消費者は類似した商品を前にすると一度目にしたものを選択する傾向があります。

このように記憶と照合する関心を想起することで、購買動機に繋がるのをリーセンシー効果と呼ばれるものです。営業車両にカラーラッピングをすることは、まさにリーセンシー効果を狙った広告媒体と言って良いでしょう。ところで営業車両にカラーラッピングするのは看板設置などとも同一の延長線上に位置するものです。

しかし街中をどこにでも走行することで機動的に広告を露出することを可能にする点で、特定の通行人が往来するエリアの人々にだけ訴求効果を持つ点で差異を見出すことができます。WEB広告の市場規模が急成長を見せる中にあっても、ラッピングした営業車両の広告方法としての可能性は依然大きなポテンシャルを有するのは確かと言えるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *