Skip to content

営業車両のラッピング

営業車両をラッピングして自社製品や自社のサービスを宣伝する、走る広告車として利用する方法があります。

車両ラッピングやラッピングカーと呼ばれるもので環境に優しく経済的な広告商材として使われています。車両を塗装すると細かい部分など上手く塗れず使用できる範囲にも限界があります。フィルムによるラッピングだとコストも塗装よりかからず簡単にはがすことも出来るので効率的です。営業車両に企業のロゴや商品の写真をそのまま載せることができます。

車両用のフィルムは再剥離性があり車の塗装面にも優しいフィルムになっています。商品の入れ替えが激しい業種の場合はフィルムを新しいものに貼り替えるだけで済むので経済的です。最近では、企業ロゴなどの部分と商品の部分を別々にして、商品のみを入れ替えることもできるようになりました。

また、トラックなどの車体面積の広い車体全面をラッピングすることもできるので、目立つこと間違いありません。走る広告塔と言える効果も期待できます。広告効果を考えた場合、営業車両は毎日同じような地域を回っていることが多いです。

繰り返し地域の人の目につくことで自社製品や自社サービスのアピールにも繋がります。その会社がどのようなことをやっている会社なのか関心を向けることができる広告媒体です。企業規模の大きい会社の場合、同じデザインにすることでコストを下げることもできます。塗装する場合と比較すると環境面でも優しい商材であると言えるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *