Skip to content

営業車両のラッピングによる宣伝効果について

街中を見渡してみますと、企業の営業車両をよく見かけます。

その殆どの営業車両には企業名が入ったラッピング加工が施してあります。自社名が入ったラッピング加工を施すことによって、その営業車両を走らせるだけで宣伝効果を期待できるのです。ラッピング加工が施されていない営業車となりますと、何処の企業の車両なのか分からない上に、営業車であることも判別できないのです。ラッピングをすることで営業車であることをアピールできるだけでなく、その企業名を多くの街行く人たちに見てもらうことができます。

その企業に興味がある人はその内容が気になるでしょうし、初めて企業名を目にする人に対しても、大きなインパクトを与えることができます。街行く人たちにインパクトを与える要因としましては、一般車両は文字やイラスト、ロゴ等が描かれていない場合が多いからです。企業名や企業のロゴ、その他イラストを車両にラッピングで加えることによって、一般車両との差別化を図ることができます。

この差別化が重要であり、一般車両は普段から目にしていますのであまり気に留めない人が多いですが、文字やロゴ、イラストが入った車両ですと思わずその内容を反射的に見てしまうものです。芸術や工業デザインの分野で用いられるアフォーダンスにも似た効果を狙うことによって、営業車を街行く人に注目してもらうことが可能です。そして、企業名を多くの人たちに知られることとなり、宣伝効果としては成功するのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *