Skip to content

営業車両は塗装よりもラッピング

会社などで使用する営業車両は、会社名や商品といったものを表現することが多いものです。

メリットとしては盗難防止のほか社員が営業車両を使っているという意識を与えること、また宣伝広報活動にもなることなどが挙げられます。これらの表現はただ文字を入れるだけのものもあれば商品画像を表示するものなどさまざまです。ステッカーを貼るという方法もありますが、大規模なものであればラッピングを行う方がメリットが多くあります。

ラッピングは、特殊なフィルムに大型インクジェットプリンターを使って図柄を印刷して、それを車体に貼り付けるというものです。バスなどに見られるようになっている方法ですが、一般車にも使用することができます。ラッピングを使用するメリットは短時間で多彩な図柄を車に描くことができます。フィルムの貼り付けは1日で終わりますから、塗装するといった方法よりも断然はやく、ステッカーを貼るよりも大きな面積を一度にラッピングすることが可能です。この点で営業車両に使うのに向いています。

またそれ以外のメリットとしてはリースで借りている車両でも行えることです。リースで借りていると、契約期間満了時に元の状態に戻さなければなりませんが、ラッピングは剥がすことができます。また保護膜の役割も果たすので塗膜を保護してくれ綺麗な状態で返却することができます。もちろん、途中で剥がすことも可能ですし、部分的な補修も出来るメリットがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *