勤怠システムは今後変わっていく

subpage1

勤怠管理の方法としては、タイムカードが主流でしたが、今後は変わっていくことが予想されています。勤怠システムは、コストがかかることがデメリットであると言われていましたが、コストも安価で利用ができるサービスが増えてきています。



本格的な勤怠システムを導入するためには、初期費用として30万円以上がかかり、月額10万円以上がかかることになるでしょう。

しかし、それほど高機能なものは必要がないという企業も多いです。

アルバイトや派遣社員の管理では、タイムカードが使われることのほうが圧倒的に多かったようです。

goo ニュースのことならこちらのサイトをご覧ください。

現在でも、タイムカードの需要はありますが、少しずつ勤怠システムに変わっていくという予想もあります。

その1つの理由として、クラウド型の勤怠システムが登場してきており、コストがかなり安価になってきているということがあげられます。

クラウド型のサービスなら、導入コストはかかりません。パソコンにダウンロードをする必要もなく、インターネットに接続されている環境さえあれば、いつでもどこでも利用ができます。



タブレットでも、インターネットに接続がされているもので、ブラウザが起動できるものであれば、利用ができます。
タイムカードにかかるコストはゼロではなく、集計のための人件費などが意外に高額になります。
勤怠システムでかかるコストが安くなってきているので、タイムカードよりもコストを節約するために導入する企業も増えてくるかもしれません。