勤怠システムを選ぶ際の注意点

subpage1

従業員の勤務時間や勤務体系の管理に、勤怠システムは欠かせないものになっています。



給与計算などの給与管理、労働時間の不正の防止など、色々なコストの削減など、企業側にとってこのシステムを導入する事は、大きなメリットになっています。
ですが、世の中には多くの種類の勤怠システムがあります。その中からどのシステムを選ぶかですが、選ぶ時の注意点がそのシステムが、自社の労働勤務形態とマッチしているかどうかです。

例えば、自社の勤務形態がシフト制ではなく、働く日付が固定されているのにシフトを作成する事が出来るシステムが入っていたら、無駄にデータの容量をとってしまいますし、使う事がまずありません。


また、導入した勤怠システムに対してサポート体勢がしっかりとあるかというのも大切な見極めポイントです。

OKWaveのことならこちらのサイトが便利です。

データをパソコン上のクラウドサービスで管理するので、コンピューターウイルスによる情報の流出や、回線の不具合などによって、大切なデータに問題が起きてしまう事があるかもしれません。
このような大きな問題だけでなく、日常使用していく上で分からない事や、困った事があればすぐに質問し、回答してくれるようなサービスは必要です。



実際は、本格的に導入する前にお試しで使い心地を試す事が出来る、キャンペーン期間を設けている事があったり、一括で資料を請求出来るサイトなどがあるので、そこで色々な勤怠システムを試してみて、自社にあったシステムを探してみるのが、一番間違いの無い方法です。