勤怠システムのメリットと利用法

subpage1

事業場にとって、社員に勤務時間を守らせるとともに、時間外労働時間の抑制はとても大切な義務の一つです。

厚生労働者は、事業場が講ずる措置の一つとして、適正な始終業時刻の把握をあげており、その方法は使用者が従業員一人ひとりの出退勤時刻を管理する、もしくはタイムカード等客観的に判断できる方法を取り入れるよう、ガイドラインを示しています。



そこで、注目されているのが勤怠システムです。

これは従来のタイムカードとは全く異なり、従業員個々に割り当てられたICカードやスマートフォンのアプリを利用して、自らの出社時刻や退社時刻を勤怠システム上に蓄積させるものです。
集積されたデータは、個々の出退勤の記録として、データ化されますので、能率が高くない社員指導などに使用することもできます。

YOMIURI ONLINEについての情報をまとめたサイトです。

また、勤怠システムは、ほとんどの場合、クラウド上にシステムを構築しますから、そこに蓄積されたデータを各部門で共有することも可能となります。

一般的な活用方法としては、給与システムと連動させることにより、割増賃金の算出にかかる作業効率を大幅に向上させることにより、人件費の抑制につなげていますが、最近では人事管理システムに連動させ、社員管理の一つとして利用している事業場もあります。



このように勤怠管理システムは、単なる始終業時刻を記録するためではなく、給与計算やそれにかかる割増賃金の算出、人事管理など非現業部門においては、なくてはならないシステムとなっているのです。