• 生前贈与を行う場合に知っておきたいこと

    死ぬ前に、自分の財産を人に分け与えるものとして生前贈与があります。通常、財産は誰にでも贈与をすることができ、亡くなって何も手続きをしなくても、財産は法定相続人に定められた割合で受け継がれることになります。

    今話題のlivedoorニュースを自分らしく選ぶなら此方のサイトがオススメです。

    生前贈与は税率は高いものの、事前に行うことで相続税の節税をすることができ、設けられている手続きを行うことでより低い税額にすることができるようになります。
    税額を抑えることができる方法としては、主なものとしては相続時精算課税制度、住宅取得資金贈与の特例、夫婦間の贈与の3つがあり、内容をよく理解しておくことが大切になります。


    生前贈与では認められる時期が定められています。

    亡くなる前に行う贈与が全て認められる訳ではなく、ここでは、死亡する3年まえ以前に行われたものだけが該当します。3年以内の場合には生前ではなく相続としてみなされ相続税として課税が行われることになります。


    注意点としては贈与でもらった時の非課税扱いがあり、3年以内で死亡した場合には改めて相続税としての計算が必要になります。

    生前贈与は、その方法に関しても留意をしておくことが重要です。基本的に贈与は口約束だけでも成立はしますが、この場合、税務署など部外者への説明が困難になります。



    行う場合には必ず書面に残す必要があり、きちんとした契約書の作成とともに定められた方法に基いて税務申告をすることが大切になります。



    また、例えば不動産の贈与を受けた場合には名義変更等の申請を済ます必要があるなど、十分な準備が求められます。