• 生前贈与と相続税の負担軽減

    相続税の負担を軽減するためには、生前贈与という方法があります。


    すなわち、まだ生きている間に、贈与を行って財産を相続人に分与してしまうわけです。



    ただ、贈与は贈与でまた贈与税という税金がかかってしまうではないかと、思われている方もおられることでしょう。

    しかし、年間で110万円までであれば贈与税はかかりませんから、毎年110万円ずつ贈与を行うようにすればよいのです。



    では、この方法で気をつけなければならない点はないのかと言いますと、ちゃんと贈与を行う旨の契約をかわしておくことです。特に、相手方の預金通帳を勝手に作ってしまって、その預金通帳を自分の家に保管してしまっているというような場合には、贈与とは認められませんので、このような自己流の贈与を行っていても徒労に帰すことが多いと言えます。

    ビジネスジャーナル情報をお教えします。

    また、亡くなる数年前から始めた贈与というものも、税金対策でなされたものとみなされることが多く、正式の贈与として認められない場合が多いと言えます。ですから、生前贈与などと言いますと誰にでも出来る簡単なことと我々はついつい思い込みがちですが、税金の専門家に相談をして進めていった方が良いわけなのです。
    特に、都心に住まわれていて、たくさんの資産を保有している方の場合には、生前贈与や遺言書の作成など、法律と税の専門家のアドバイスを積極的に活用していったほうが、大きな節税効果につながってくると言えるのではないでしょうか。