• 生前贈与を効果的に行うには税制の特例を利用しよう

    財産を相続する際に相続税が掛かることは良く知られています。

    その為、多くの人はできるだけ相続税を減らし、且つ効率的に相続を行うためにいろいろな方法を考えるものです。

    しかし、実際には相続時には相続する財産の評価額が厳しくチェックされ、これに見合った相続税が課税されることになるためあまりその効果は無いとも言われています。


    さらに相続税対策のために税理士や弁護士に依頼した場合、その費用が思いのほか掛かってしまうことも少なくありません。

    そこで効果的に利用したいのが生前贈与です。


    生前贈与は本人が生前に子供などに財産を贈与する事ですが、この方法には税法上の優遇措置があり、効果的に利用することで相続税の節約になるので効率的に利用したいものです。
    特に知っておきたいのが生前贈与の基礎控除です。これは年間110万円までの贈与であればその対象が誰であるかに関わらず贈与税が非課税になるという制度で、毎年110万円までの贈与を毎年繰り返すことで財産をそのまま贈与することが出来るのです。



    また、子供や孫に対する生前贈与については、本来は贈与税の対象となる物に於いても生前の相続に於ける特例として2500万円までであれば生前贈与の贈与税が非課税となる制度です。又、実際に相続した財産に対する税額に於いても相殺されるため、相続税自体も減免されることになるため実際の相続税が減税されることになるのです。



    これらの制度を知っておくことで効率的に財産を相続することができます。

    ロケットニュース24の関連情報がご覧になれます。