勤怠システムがもたらす安心

subpage1

現代社会はコンプライアンスが重視されており、従業員の勤怠管理に関してはどの企業も神経を尖らせています。


また、労働基準監督署の監視も年々厳しさが増しており、過剰労働や長時間労働に関しては、企業経営を左右しかねない事態に繋がります。


特に規模の大きい会社では、労働組合に限らず、個人従業員から内部告発されるリスクがあるので、勤怠管理については万全を期する必要があると言えます。
それ故、労働者の就業管理には勤怠システムが不可欠になりつつあり、人手作業による入力ミスや手戻りなどの非効率性を防止することが出来ます。
何よりも規定の労働時間を超過する気配がある従業員等を事前にチェックできるので、違法な長時間労働を未然に防げるわけです。



また、適切な休暇を取得していないケースに対してもアラームで警告されるので、メンタルヘルスの管理にも役立つと言えます。

有名なYahoo!知恵袋について紹介しています。

勤怠システムには、静脈や指紋認証等の生体認証を活用した打刻方法があります。


それにより本人以外の打刻が不可能になるので、不正な就業申告を防止することが出来ます。

また、最近ではGPSを使った打刻システムも開発されており、外回りの営業担当者の就業管理も適切に行なえます。
そして、勤怠システムによっては、打刻と同時に位置情報が取得できるので、従業員の就業状態が把握できることは大きなメリットになっています。



それ故、顧客からの問い合わせに迅速に対応できるので、業績アップにも繋がります。
加えて、スマートフォン等のモバイル端末で出退勤の打刻が行えるので、従業員側としても時間の節約になり、効率的な働き方ができると言えます。

ITコラム

subpage2

従業員の勤務時間や勤務体系の管理に、勤怠システムは欠かせないものになっています。給与計算などの給与管理、労働時間の不正の防止など、色々なコストの削減など、企業側にとってこのシステムを導入する事は、大きなメリットになっています。...

more

納得の知識!

subpage3

事業場にとって、社員に勤務時間を守らせるとともに、時間外労働時間の抑制はとても大切な義務の一つです。厚生労働者は、事業場が講ずる措置の一つとして、適正な始終業時刻の把握をあげており、その方法は使用者が従業員一人ひとりの出退勤時刻を管理する、もしくはタイムカード等客観的に判断できる方法を取り入れるよう、ガイドラインを示しています。...

more

IT関係の情報

subpage4

勤怠システムの導入にはいくつかのメリットがあります。それは、まず、従業員の時間をしっかりと管理することができることです。...

more

耳より情報

subpage5

勤怠管理の方法としては、タイムカードが主流でしたが、今後は変わっていくことが予想されています。勤怠システムは、コストがかかることがデメリットであると言われていましたが、コストも安価で利用ができるサービスが増えてきています。...

more